忍者ブログ
思ったことを徒然に書こうと思います。
[20]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ということで少しこの動画について語らせて頂こうと思います。

そもそもニコニコ動画で自分が見ている動画は、主に二種類に絞られます。

中野TRFの北斗の拳対戦動画
iM@S架空戦記シリーズ

この二つです。
自分はドラムの演奏をうpしているわけですが、さほど演奏した系には興味はありません。
もちろん低底等はそこそこに視聴してはいるのですけどね。
中野TRF動画に関しては後日語らせて頂く事にしましょう。

さて今回めでたく完結した「iM@S演義」ですが、まず第一話の明らかに即死しそうな飛行機事故がツボでした。
とはいってもこういう無茶な流れは架空戦記シリーズには多いのですが、三国志演戯をベースにストーリーが構成されており、そこに魅力を感じました。
また文章で簡潔にストーリーを進ませる手法も感心したものです。
BGMも多彩を極め、また使い方も的確で物語を盛り上げます。

自分は文章を書くのが苦手なので、印象に残ったシーンをいくつか紹介しようと思います。

まずは第二十二回の真の一騎打ちシーン
これは誰もが心震えた場面ではないでしょうか?



忘れもしない2007年12月28日の夜、親友が目の前で亡くなりました。
いわゆる突然死というもので、AED(自動体外式除細動器)がなければほとんど助かる見込みがなかったものでした。
自分でいうのもなんですが、結構淡白な性格だと思っていたので、そんなに影響はないと思ってましたが、実際は結構落ち込んでいたようです。
そんなどうしようもないときに見た動画で、ストーリーの流れとBGMに泣きました。
この回は自分にとって慰めであり、勇気を貰える回でした。
JUST ONEは自分自身にもう一度チャンスをくれ!といってるわけではないのです。
12月28日の事にもう一度チャンスを!というありえない願いを込めて叩いたものです。


さらに「第百一回」も紹介しておきましょう。


愚民としては当然盛り上がらざる得ない天海なのであります。
春香の確固たる決意には心打たれうものがあります。
BGMに使われているSR-71の曲も素晴らしいのは言うまでもありませんね。
洋楽を結構使ってくれているのも自分にジャストフィットする理由のような気もします。

ドリルでルンルンクルルンルンとかCDまで持ってる俺には嬉しい選曲だったりもしました。

まぁ、ともかくみんな見てくれと!
本当に面白いんだw
面白いところがありすぎでアホな俺には説明できん!w
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/12 エルフェン]
[10/11 うさちゃん]
[07/14 エルフェン]
[07/14 迷彩男]
[07/08 エルフェン]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エルフェン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]