忍者ブログ
思ったことを徒然に書こうと思います。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青トトロ氏の記事で手首の柔らかさについて書いてあったので、それに関係することを書きましょうかw

過去に某海外バンドのドラマーに話を伺った時にこういわれたことがあります。
「日本人ドラマーは上手にドラムを叩く。だが、それ以外に良いところは少ない」
また、アメリカにレコーディングにいった知り合いはこう言われたそうです。
「もっと気合を入れて叩け」
「タムをもっと強く叩け」
断っておきますが、知り合いのドラマーは日本人ドラマーの中でも相当パワフルな部類に入りますw
ですが、日本人ドラマーは周りが上手に叩くのをみているせいで、ロックな音が出せなくなっている。
逆にいうとJ-POPはに日本人でなければ叩けない曲ともいえますけどね。

日本人ドラマーは最初に脱力して叩くことを教えますが、それは半分間違っています。
力を抜いたドラミングは確かに上手に見えますが、いざパワーで叩くことが必要になったときにまったく役に立たないドラマーになってしまいます。
つまりドラムの幅が二分の一になるわけです。
海外の有名なドラマーの体つきを見ればわかります、大抵のドラマーは体がガッチリしているはずです。
選択肢を増やすために、体重を増やしたり、筋肉をつけたりするのは当然やるべきことだと思います。
まぁ、自分は特別鍛えてないんですけどねw



上の動画はそこらへんを意識して撮影したものです。
力と脱力を半々にした感じに叩いてますね。
本来こんなに脱力した感じでこういった曲を叩くのは最低なことなのですが、そういった突込みが欲しくてそう叩いてますw
特に注目なのが、タンタンタンタタのスネアの二つ打ちのところですね。
ここは意識的にモーラー的奏法で叩いてますので(気が抜けて普通に叩いてるところもありますがw)、曲にまったくあってないですね。
本来なら手首でしっかりと二打叩くべきです。

力で叩くということは、大げさな振りで叩くということではありません。
大げさな振りというのは外側に力が逃げるので、見た目とは違い案外ドラムには力がのってこないものです。
ニコニコでは力がのってるドラマーは自分も含め一人もいませんが、プロドラマーいわく日本全体を見てもそういったドラマーは驚くほどいないということなので、しょうがないかもしれません。

力が入っている=下手 という考え方に自分は違和感を感じます。
色々と文章を書いておいてなんだと思うかもしれませんが、問題はそういった技術的なことではないと思うからです。
曲を活かすことを考えれば、自ずとプレイスタイルも曲によって変わるのが道理だと思います。
PR
批判というと安直に悪いイメージを持つ人間は少なくないと思いますが、物事をよくする上で批判的精神を持つことは必ず必要なことです。
ニコニコ動画では安直な批判が多いので有効とはいえませんが、しかし批判がまったく無いというのも可笑しな話でありますし、安易な批判を繰り返すのは特に悪いことでしょう。
自分の動画のコメントをたまに見ますが、はっきり言えば
今の自分の演奏は上手くもなければ面白くもありません。
ここは個人的には明確にしておかなければならない部分ですね。
もちろん褒めて頂けるのは恐縮なのですが、客観的に言って開始数秒で戻るを押すような動画ですw
ニコニコ動画では演奏の質よりも、いかに派手であったりフィルインを上手くこなしているかが人気を支える大きな要素になりますが、自分はそれの逆をいきたい。
そういった批判的精神から自分のドラム投稿は始まっているので、手数は可能な限り減らしていってるわけです。
しかし、手数を減らしたからといって音楽として駄目になるようでは下手糞です。
自分は一人でやってるので、自分の悪いところを出して前面に出して、自己反省していくしかないと思います。

ちなみに自分の動画の基本が座って即録画の一発録音なのは、ライブは基本的に一発勝負じゃないかっ!ってところからきてますw
とはいっても音源自体は何度も聞いてるわけですから、あわせられないのはやはり下手な証拠です。
前回投稿したワールドイズマインなんかは、最低限バスドラくらいは合わせるべきだったと反省( ´ω`)
たまたま暇だったので、叩いてみましたw

 

それほどミクの曲に魅力を感じない俺にしては珍しい選曲です。
理由は単純、その日のランキングの一位にあったというだけですw

ボーカロイドはまだ発展途上で、表現力の面で人間と比べると遥かに劣っているので音楽としてはイマイチなんですよね。
ボーカル曲は・・・もちろんバックの演奏も重要ではありますが、ボーカルが駄目なら全て駄目ですからね。
ミクの場合技術的な部分に関心することはできても、音楽的に落ち着いて聞いていられないので、個人的には視聴に耐えれるレベルの曲はいまのところありません。
またほとんどの曲で、バックの演奏も少し過剰に演出しすぎで気持ちよくない。
ドラムとか本当に酷いグルーブが多くて聞くに堪えないのですが、いちいち生ドラムを録音するというのも手間なのでしょうがないですね。
東京あたりならいくらでも上手いドラマーがいるので、作品の完成度をあげるなら積極的にするべきですけど・・・DTMってことを考えると本末転倒ですかw
ま、アイドルに高度な音楽性を求めるのは愚の骨頂かもしれません。
なにせ俺が愚民なわけですし気持ちはわかりますw

音楽的に良いのが全てではないというのは、初音ミクというアーティストを見て、今更ながら実感しています。
あぁ、日本ってもう駄目なんじゃないかとw
ただミクを嫌いというわけではないのですけどね。
もっと聞いて欲しい音楽がいっぱいあるってだけです。

今までの演奏もそうですしこれからもそうですが、時代に逆行したシンプルな演奏を意図的にUPするつもりです。
以前ドラムの練習をしてないと書いていますが、ドラムマガジンの「場数王の箴言」に自分の考えと同じようなことがのっていたので、ネタにしましょうw
このコラムは村上"Ponta"秀一氏が書いていますが、そこで「練習はしたことない」といっているわけです。
自分の考えがあれば、ドラムセットで練習しなくとも手足は動くというわけですね。
もっともすべての考えが一致しているというわけではないのですが・・・

そもそも社会人の俺は練習する時間がそれほど取れないわけですよ。
ドラムを始めて5年くらいになりますが、ドラムセットに座って叩いてたのはその内2年くらいですし、実際叩いてた時間も頻繁にやれるものではありません。
仕方なく普段の生活の中でここはこう叩いたらいいだろうとか想像して、頭の中で音楽(≒練習)しているわけです。
ですからもし、仮に学生時代からドラムをやっていたら普通の人のように練習してたでしょうから、今とは比べ物にならないほどに技術的に上手なドラマーになっていたであろうことはすぐに想像できます。
ただし、それは技術的に上手というだけであって、良いドラマーになれるかはまったくの別問題です。
今回のコラムでいうと、「じゃぁ、お前のことをやってみろよ」ということになります。
俺にはそれはできないんです。
叩きながら色々考えてしまうタイプで、音楽を頭空っぽにして感じてドラムに集中することができないんですねぇ
ドラムを叩いている間も、仕事のこととか、ネトゲのこととか考えてるとかw
それに
「自分がどういう風に練習したらどう上達できるかっていうプランがもう頭に入っちゃってる」
これって自分を定規で測ってるし、やっぱり技術的になところしかみてない人間なんだなって思いますね。

もちろん良いアーティストになる道なんて人それぞれ。
徹底的に有名なドラマーのコピーをしていって、徐々に自分のドラムとして昇華していくドラマーもいるでしょうし、音符を細部まで練りこんで良いドラムを叩く人もいっぱいいると思います。
ただ、自分は良いドラマーにはなれない、そう思います。
むしろそう思っていること自体が不甲斐無い証拠とも言えますねw

結局、何年暦があってどれくらいやってるとか、仕事がどうとか、バンド組んでる時間がないとかいってるレベルでは絶対良いアーティストになんてなれない。
ドラムを始める前からそう思ってたわけですが・・・わかってるならドラムなんて買わなきゃいいのにって自問自答してたんですけどねぇ。
でも、やっぱりドラムは好きだから、下手でも良いからいつかはバンドを組みたいとも思ってるんだw

あいかわらずグダグダな演奏ですが、趣味なので自重してもしょうがないよね(=ω=.)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3065623

実はデッドボールPの曲は「永遠に続く五線譜」からのリスナーであったりします。

今回の演奏は16分のバスドラが曖昧なのが見てて痛々しいですねぇw
いつもどおりアプローチはシンプルにシンプルにと狙って演奏しています。
ツーバスはなんか気づいたら踏んでましたw
ちょっと微妙だったかもw

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/12 エルフェン]
[10/11 うさちゃん]
[07/14 エルフェン]
[07/14 迷彩男]
[07/08 エルフェン]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エルフェン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]