忍者ブログ
思ったことを徒然に書こうと思います。
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サラリーマンにとっては興味深い話題ではないでしょうか?

マクドナルド、残業代支給へ
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2008/release-080520.html

マクドナルドの味がどうとかサービスの質、環境に配慮しているかどうとかは今回問題ではないのですが、意外に論点ずれて語る方々が多いことですね。
会社を選ぶのは自分自身である限り、嫌ならば他に転職するなり、非常に難しい話ですが会社内部から変えていくなりの方法が現実的ではありますが、非常に労力が必要とされることなのでみんな嫌でしょうね。
サラリーマンからの視点で見るのは簡単ですが、会社というのは社員をどのように使いたいかを想像するのも重要です。
つまりこの会社は自分をどのように扱いたいかってことですね。
昇給させるのは残業代がでない管理職にするための布石じゃないかとか想像する余地はいくらでもありますし、勤めている過程でそういった情報は当然得られるでしょうから、嫌ならばわかった時点で改善される見込みがないのであれば転職すべきです。
会社というのは給料を確実に払うのが社員に対する最低限の責務です。
社員の給料をあげるという選択肢を選んで、社員を削減するとか、会社の成長が見込めなくなるということになれば、それは会社としては最低でしょう。
人員を増やせば一人当たりの給料が減るのは、会社の利益の中で計算するわけですから当然です。
自分がどれだけ利益を上げているかが正当に評価されないのはとても悲しいことですが、自分の働く場所がなくなるほうが現実的にはもっと深刻な話ですよね。

自分の場合、バンド活動を楽にしたいのであれば転職するしかないでしょう。
しかし、転職しないのはそういったことに納得した上で働いているのです。

もし自分の職場が残業代が出ない、休みがちゃんともらえない、成果がきちんと評価されないと悩んでいるのならよりよい所を目指すべきです。
会社を選ぶのは自分自身です。
どんな経緯があろうとそこにいるということは自分の意思でいることと変わりません。
夢や希望や不平不満を語るのは簡単ですが、現実的になにができるかどうなるかを考えることも重要です。
年齢を重ねて転職が難しくなってからでは遅いのです。

話は変わりますが、サービス業というのは日々便利さや快適さを求められています。
そういった便利な日々が標準になっているわけなので、人間どんどん我侭になります。
コンビニのレジで数分も待てないとかわかりやすい例ですね。
mp3やipodが普及したのも、音質のよさよりも利便性が優先されたからです。
便利さや快適さ、それでいて安い物が利用する側には良いわけですから、たとえマクドナルドがそういった状況から改善されたとしても、他の会社ではじめて、業績を上げるのは目に見えていると思ったりします。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/12 エルフェン]
[10/11 うさちゃん]
[07/14 エルフェン]
[07/14 迷彩男]
[07/08 エルフェン]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エルフェン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]